【塩ビ配管】パーツの「名前」と「種類」~パイプ売り場でもう迷わない!~

塩ビ配管の選び方

塩ビパイプの「種類」について

塩ビパイプは上下水道の業者さんだけでなく、
DIYブームで一般の方も使う機会が増えてきています。

しかし、塩ビパイプの種類はとってもわかりにくいです。
いろいろな形があって、材質も違い、色まで違う、、、

ホームセンターの塩ビ売り場に行って、店員さんに欲しいモノの
場所を教えてもらいたくてもパーツの名前すらわからない。

すると、
「色は灰色で~、肉厚で~、太めの配管に使う~、
3方向が全て同じサイズのT字のパーツはありますか?」

と聞くしかありません。

買い物で迷う

この記事ではこの質問を、
「VP50用のTSチーズありますか?」
と聞けるようにわかりやすく解説していきます。

店員さん

配管の「色」について

塩ビパイプには3種類の色があります。

①通常の「グレー」のパイプ
②「黒い」パイプ(HI管)
③「あずき色」のパイプ(HT管)

これの違いは簡単です。

耐衝撃に特化したのが「
耐熱性があるのが「あずき色

そのため、何も指定しなければ
グレー」が一般的なパイプとなります。

配管の「色」についての詳細はこちら↓
塩ビ管の種類と用途【身近な疑問】なんで塩ビ管の色は違うのか?(種類による用途の違いについて)

配管の「厚さ」について

通常の「グレー」の配管には2種類の厚さのパイプがあります。
パイプの厚さは用途によって異なります。

①厚みのあるタイプ

 VP管・TS継手

①「厚みのあるタイプ」
水道などの圧力のかかる配管に使用します。
この厚みのあるタイプで直線のパイプは「VP管」
それをつなげるパーツは「TS継ぎ手」と呼びます。

②薄いタイプ

 VU管・VU継ぎ手

②「薄いタイプ」
排水の系統などの圧力のかからない配管に使用します。
軽いので扱いはしやすいですが、強度が弱く、
簡単に割れてしまうことが多いです。
この薄いタイプの配管とつなげるパーツは
「VU管とVU継ぎ手」と呼びます。

~VP管とVU管の比較~

VP_VU比較
↑写真:左がVP50、右がVU50

配管の「太さ」について

塩ビ配管は、

VP管で一番細いのは「13サイズ」
VU管で一番細いのは「40サイズ」

から用意されています。

パイプの太さはサイズが小さいと細かく設定されていますが、
大きくなればなるほどザックリしたサイズ感になってきます。

それぞれのパイプの「外径」と「内径」の
規格表は下記のとおりです。

外径:パイプの外側の直径(mm)
内径:パイプの内側の直径(mm)
※寸法は近似値です。

~VPパイプの規格表~

サイズ 外径 (mm) 内径 (mm)
13 18 13
16 22 16
20 26 20
25 32 25
30 38 31
40 48 40
50 60 51
65 76 67
75 89 77
100 114 100
125 140 125
150 165 146

~VUパイプの規格表~

サイズ 外径 (mm) 内径 (mm)
40 48 44
50 60 56
65 76 71
75 89 83
100 114 107
125 140 131
150 165 154
200 216 202
250 267 250
300 318 298

お店に行く前に確認しとくとスムーズに買い物ができます。

もし、既存で使っているパイプがあれば、
パイプには下記のようにパイプの情報が記載されているので、
これを確認するのが一番確実です。
(表記の部分が切り取られてたりしてることも多いですが。。)

VP50塩ビ配管
↑写真:配管にVP50と記載されている。

継ぎ手の「種類」について

配管を接続する際には「継ぎ手」を使います。

継ぎ手にもVP(給水用)とVU(排水用)があります。
しかし、形ごとの呼び方はどちらも同じです。

今回は「よく使う継ぎ手」に絞ってご紹介します。
※ 写真はVPの画像で記載しています。

ご紹介する継ぎ手は下記の通りです。

~ご紹介する継ぎ手一覧~

①エルボ
②チーズ
③ソケット
④キャップ
⑤バルブソケット
⑥給水栓ソケット
⑦フランジ

①エルボ

エルボは90度に曲げる時に使う継ぎ手です。
ヒジのように曲がってるので「エルボ」です。


↑写真:TSエルボ(VP管用)

【注意】
VUのエルボは劣化してすぐに割れるので、
排水系統でも絶対に漏れたら困るところは
VPを使用した方がいいです。

②チーズ

配管を3つの方向に取り付けたい時に使用します。


↑写真:TSチーズ(VP管用)

また、チーズの中には太さの違う配管を接続することが可能な
「異径チーズ」もあります。

③ソケット

配管を延長したい時に使用します。


↑写真:TSソケット(VP管用)

また、配管の途中から配管の径を太くしたり、細くしたりすることのできる
「異径ソケット」はとても便利です。


↑写真:TS異径ソケット(VP管用)

④キャップ

配管の終わりの部分に使用します。

↑写真:TSキャップ(VP管用)

⑤バルブソケット

片側が「ソケット」で片側が「ねじ込み(オス)」
になっているソケットです。

↑写真:TSバルブソケット

【注意】
ねじ込み部分の水漏れを防止するために、
取り付けの際はねじ込みの部分にシールテープ
を巻いたほうが確実です。

↑写真:シールテープ

⑥給水ソケット

片方が「ソケット」で片方が「ねじ込み(メス)」
になっているソケットです。


↑写真: TS給水ソケット

 

⑦フランジ

塩ビ配管を「ボルト」と「ナット」でつなげる時に使います。


↑写真:TSフランジ

まとめ

この記事での課題は
「色は灰色で~、肉厚で~、太めの配管に使う~、
 3方向が全て同じサイズのT字のパーツはありますか?」

という質問を
「VP50用のTSチーズありますか?」
と言えるようになることでした。

記事をもとに解説すると、
「色は灰色だから指定はなしの通常配管」で、「肉厚なのでVP管」、
「配管は内径50mmの太さなので上記の規格表から50サイズ」、
「3方向全て50サイズのT字型の継ぎ手なのでTSチーズ」となります。

ややこしい塩ビ管の「名前」と「種類」の理解に手助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です