【簡単加工】プラスチックのタンクに塩ビ配管を通す方法

PEフィッティング取り付け方

タンクにを配管を通す(貫通させる)方法

「貯水タンクやFRP水槽の一面に穴を開けて塩ビ配管を取り付けたい!」
そんな時に便利な方法をご紹介いたします!

やりたいことのイメージは下記の感じです。
塩ビ配管タンク貫通

やり方は簡単!
下記の3ステップです。

~配管貫通手順~
手順①材料を準備する。
手順②タンクに穴をあける。

手順③パーツを取り付ける。

手順①材料を準備する。

タンクに水漏れなく穴を貫通させるために必要な材料は
「PEフィッティング」と「バルブソケット×2」です。

PEフィッティングPEフィッティングパーツ
↑写真:「組み立てた時」と「バラした時」


↑実際に購入して使った50サイズのPEフィッティングです。
スイコー製で問題なく使えました。

これと、同じサイズのバルブソケットが2つあれば
直管を貫通させることができます。
バルブソケット50φ
↑写真:バルブソケット2つ

手順②タンクに穴をあける。

タンクに貫通させたい配管の太さの穴をあけなければなりません。

そんな、丸くて、大きめの穴を開けたい時に役に立つ道具
「ホールソー」です。

これを電動ドリルの先に取り付けて穴を開ければ、
簡単に大きめの丸い穴をあけることができます。
(細かい調整やバリ取りはヤスリやカッターでやります。)
穴開けた様子
↑写真:貯水タンクに穴を開けた様子

手順③パーツを取り付ける。

あとはこの穴にパーツを取り付ければ完成です。
取り付け方は下記の写真のようになります。

バルソケ_PEフィッティング
↑写真:左がタンクの内側、右がタンクの外側
(オレンジのラインがタンクの壁)

PEフィッティング取り付け方
↑写真:取り付け完了した様子(タンクの内側)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です