【中古の電動フォークリフト】失敗しない購入方法とは?

フォークリフトの購入方法

農業や養殖の現場で資材を移動させるたい!
そんな時に役立つのが「フォークリフト」です。

電動フォークリフト

ですが、一般の方はなかなか購入する機会がないため、
どこで購入すればいいかわかりません。
(私も全然わかりませんでした。)

最初はネットでポチっと購入しようと考えましたが、
高額であるためいろいろな方法で調べて購入しました。

今回の記事では中古の電動フォークリフトの購入する際に
失敗しない方法についてお話しています。

【購入条件】どのようなフォークリフトを購入するのか?

私の場合は購入の際に下記の条件がありました。

~フォークリフトの条件~
「電動タイプ」であること。
(「ガソリンタイプ」は排気ガスが出るため。)
最大積載量は「1.5t以上」であること。
(安ければそれ以上でもOK)
カウンタータイプであること。
(立って運転するのでなく、座って運転できるタイプ。)
できるだけ安く「中古」で購入したい。

この条件で購入の検討を進めていきました。

【結論】トヨタL&Fに相談して購入する。

結論から言ってしまうと、
下記のURLの「トヨタL&F」に相談するのが一番です。
トヨタL&FホームページのURL

・なぜ、この結論に至ったのか?
・実際にどのように購入手配を進めるのか?
詳しく解説していきます。

なぜ、トヨタL&Fに相談するのが良いのか?

中古フォークリフト購入時の「リスク」

中古の電動フォークリフトは自分でネットで調べて、格安で購入することは可能です。
(価格は15万くらいからあったりします。)

しかし、そこには「大きなリスク」があります。

それは、「バッテリー劣化」です。

電動式のフォークリフトの心臓部は「バッテリー」です。
(バッテリーが死んでしまったフォークリフトはゴミ同然です。)

中古のフォークリフトをネット上で購入すると、バッテリーの品質がわかりません。
比較的新しいバッテリーであっても保管方法でも使えるとは限りません。

もし、バッテリーがダメだった場合に新品のモノに交換する費用は100万以上かかります。

そのため、ネットで購入する場合はこのリスクを見込んで購入しなければなりません。

劣化バッテリー

トヨタL&Fで購入する「メリット」

トヨタL&Fで購入するとネットの格安品と違って価格は高くなります。

〜フォークリフトの価格の相場感〜

・最大積載量が1.5tだと100万〜150万
・最大積載量が2.5tだと130万〜180万
くらいの金額になります。

※新品で買うと中古価格の約2倍の価格になります。
(あくまで目安ですので検討の際はお見積りを!)

しかし、トヨタL&Fで購入すると下記のメンテナンスを実施した状態で納品してもらえます。

・バッテリーを新品に交換!
・タイヤ交換!
・車体塗装!

ここまでメンテナンスをしてもらってると
「中古でも安心して利用できる」メリットがあります。
安心、安全

実際の購入の手順とは?

中古品を購入する「手順」

実際の購入手順は簡単です。

①トヨタL&Fは全国に支店がたくさんあります。
まずは現場の近くの支店に電話して相談します。

②欲しいフォークリフトのスペックや条件を伝えます。
すると、条件にあった中古品を探して見積りがもらえます。

③商品が決まったら、発注します。
※新規契約の場合などは指定された書類を作成します。
また新規の場合は入金は先払いになります。

④無事に納品されます。

こちらが中古のフォークリフトの購入方法です。

「リース」という選択肢

これ以外にも、リースという選択肢もあります。

最大積載量1.5tのカウンター式電動フォークリフトだと、
月額3万〜3.5万円で利用できるリース契約もあります。

また、更に月額に1万〜1.5万円をプラスすれば、
メンテナンスも含めたリース契約もあったりします。

※こちらの価格もあくまで目安です。
詳細はメーカーにお問い合わせください。

購入後の「メンテナンスコスト」について

電動フォークリフトを購入後もメンテナンスで費用が発生します。

メンテナンス費用のイメージ(目安)は下記の通りです。

月次検査:7,000円程度
年次検査:60,000円程度

中古品だと初年度の年次検査では、油脂やブレーキパーツ等交換となりますので、概ね80,000円程度の費用が発生します。
整備士

まとめ

今回の記事では電動の中古フォークリフトという条件で解説いたしました。

野外で使用する場合や換気がしっかりした施設で使用する場合は電動ではなく「ガソリンタイプ」の方がよい場合があります

例えば、ガソリン車の方がそもそもの車体価格が安かったり、ガソリン車の方が長く使えたりするメリットがあります。
(電動式のはパッテリーが劣化するため。)

そのため、廃棄ガスを気にしなければガソリン車の方を選択した方が良い場合もあります。
ガソリン

いずれにしても、トヨタL&Fがリース契約も自社でやっているため、中古品は意外と手に入れやすくなっています。

ガソリン車であれば、ネットで格安もありな気もしますが、電動フォークリフトの場合はバッテリーリスクを考えると正規のトヨタで購入するのがおすすめだと思います。

この記事がフォークリフトの選定の助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。